井上病院は宮崎県の県北 延岡市にあります産婦人科・小児科病院です。

qrcode.png
http://www.inoue-hp.jp/
モバイルサイトにアクセス!
医療法人社団育生会 井上病院
〒882-0866
宮崎県延岡市平原町1丁目990番地1
●産科・婦人科
TEL:0982-21-5110
FAX:0982-21-6087
●小児科
TEL:0982-23-7402
 
高千穂産婦人科診療所
〒882-1101
西臼杵郡高千穂町大字三田井
1099番地14
●産科・婦人科
TEL:0982-82-2722
FAX:0982-82-2702
010258
 

肺炎マイコプラズマ感染症

   
潜伏期間:主に2-3週間(1-4週間)
飛沫感染:マスクや咳エチケットなどで予防する。
症状:5歳以降に多く小学校高学年から中学生に好発する。
成人もなるが、乳幼児は罹患しても症状が強くでないことが多い。
典型的には発熱で始まって、だんだん咳が強くなり解熱後もしつこく乾いた咳が持続する。浮腫性の紅斑などが出ることもあります。
肺外症状:脳炎・関節炎、肝機能障害など多彩にある。
検査方法:PCR法、LAMP法が確実であるができる施設は限られる。
長期間陽性になるため血清マイコプラズマIgMは信頼度にかける。
血清マイコプラズマPA法も信頼性は低く、発症早期には上昇せず、1週間位経過してようやく上昇してくるため、発熱時などの感染早期にはあまり役に立ちません。
当院では咽頭ぬぐい液を用いたマイコプラズマ抗原検査を実施しています。
治療:クラリス、ジスロマックといった抗生剤が第一選択であるが、耐性化が進んでいる。
オゼックス小児用細粒は100%に近い有効率が保たれているが、小児で関節異常が起こる可能性が指摘されており当院では積極的には使いません。耐性肺炎球菌にもオゼックスは有効ですが、限定して使われるべき薬剤とされています
ミノマイシンが100%の有効率があり耐性化もゼロと言われていますが、歯牙着色、歯牙発育不全等の副作用があり8歳未満には原則使用しません。ただ、7日間程度の内服では問題ないとされ、クラリスやジスロマックが耐性菌が疑われる場合などに使用します。ステロイド薬と抗生剤の併用も有効とされている。
 
登園(校)の目安:咳嗽が軽快して、全身状態が良くなれば可。
※肺炎マイコプラズマというのは病原体の名前であるが、かならず肺炎になるわけではありません。
<<医療法人社団育生会 井上病院>> 〒882-0866 宮崎県延岡市平原町1丁目990番地1 TEL:0982-21-5110 FAX:0982-21-6087