井上病院は宮崎県の県北 延岡市にあります産婦人科・小児科病院です。

qrcode.png
http://www.inoue-hp.jp/
モバイルサイトにアクセス!
医療法人社団育生会 井上病院
〒882-0866
宮崎県延岡市平原町1丁目990番地1
●産科・婦人科
TEL:0982-21-5110
FAX:0982-21-6087
●小児科
TEL:0982-23-7402
 
高千穂産婦人科診療所
〒882-1101
西臼杵郡高千穂町大字三田井
1099番地14
●産科・婦人科
TEL:0982-82-2722
FAX:0982-82-2702
007866
 

急性胃腸炎

   
原因としてはノロウイルス(成人も子供もなる)、ロタウイルス(主に乳幼児がなる)アデノウイルス(主に乳幼児がなる)などが多い。
潜伏期間:ノロウイルス12~48時間、ロタウイルス1-3日
経口感染「汚染された食物や手を介して口に入った物などから感染する。
トイレのドアノブや嘔吐物や便の処理時などに汚染されやすい。
吐物から巻き上がる空気感染もあり。」
症状:多くは嘔吐から始まりその後に水様下痢となる。発熱する場合としない場合がある。嘔吐が1日以上続く場合は脱水に注意を要するが半日程度で嘔吐はおさまることが多い。
軽症胃腸炎関連痙攣といい、短いけいれんを繰り返し起こす場合や
脳炎になり、死亡することもある。
検査:便を使った迅速検査がある。
ノロウイルス検査は3歳未満、65歳以上にしか保険適応がない。
ロタウイルスには年齢制限はない。
ノロウイルス検査を3歳以上で希望者する場合は1500円で実施可能であるが(検査キットの実費)ただし、判明しても胃腸炎の治療自体が変わるわけではなく、軽症の場合はする意義は乏しい。
予防方法:ノロウイルスは手洗いが有効で、アルコール消毒は無効である。
次亜塩素酸を用いた器具や床の洗浄は有効。
食品は85℃、1分以上の加熱が有効。
※鶏刺し、鶏レバーを食するとカンピロバクター腸炎に感染することがあり、子供には鶏刺しは与えないでください
※感染性大腸菌(O157等)は焼き肉時に、生肉をとる箸と焼いた肉をとる箸を分けないだけで、感染するリスクがしられており、きちんと箸を使い分けましょう。焼肉で生焼けの肉などを食べて、集団食中毒になることあります。
治療:ウイルス性胃腸炎の場合は経口補水が原則で整腸剤内服や吐き気止めなどの対症療法が中心となる。ぐったりした児や1日以上嘔吐が持続し飲めない場合は点滴を行っていく。
ウイルス性胃腸炎(胃腸かぜ)には、抗生剤投与などは原則行わなわない。
ウイルス性胃腸炎以外が疑われる場合、高熱、血便、下痢が10回以上、焼肉摂食や牧場などで遊んだ、いたんだ物を食べたなどが疑わしい点があれば便培養と実施し抗生剤内服などを行う。
登園(校)の目安:嘔吐がある場合は禁止。
おむつの児は下痢が漏れるようなら禁止。 
下痢も軽度で経口摂取も良く全身状態が良好なら登園、登校可。
<<医療法人社団育生会 井上病院>> 〒882-0866 宮崎県延岡市平原町1丁目990番地1 TEL:0982-21-5110 FAX:0982-21-6087