井上病院は宮崎県の県北 延岡市にあります産婦人科・小児科病院です。

qrcode.png
http://www.inoue-hp.jp/
モバイルサイトにアクセス!
医療法人社団育生会 井上病院
〒882-0866
宮崎県延岡市平原町1丁目990番地1
●産科・婦人科
TEL:0982-21-5110
FAX:0982-21-6087
●小児科
TEL:0982-23-7402
 
高千穂産婦人科診療所
〒882-1101
西臼杵郡高千穂町大字三田井
1099番地14
●産科・婦人科
TEL:0982-82-2722
FAX:0982-82-2702
010258
 

インフルエンザ

   
潜伏期間 1-4日 平均2日
飛沫感染「咳、くしゃみを吸い込んで感染する。」
症状:悪寒、頭痛、高熱、筋肉痛、全身倦怠感、咳、鼻汁など脳症や重症化に関与している解熱剤があり、PL顆粒、幼児用PL顆粒、ピーエイ錠などは10歳未満に飲ませないこと
検査:当院の基準では高熱38℃以上出てから6時間以上経過してから1回目の検査を行う。陰性の場合は24時間経過してから再度行う。それで陰性の場合、3回目は原則実施しない。
※発熱数時間での検査は信頼性が低くお勧めできません。
治療:1歳未満、原則として抗ウイルス薬の投与は行わない。重症化が心配されたり、全身状態が良くない、痙攣起こした場合などは抗ウイルス薬の点滴投与も可能。
1歳以上6歳未満;タミフルの内服。
6歳以上:吸入薬(リレンザ、イナビル)を主体とする。
脱水など合併する場合は、抗ウイルス薬の点滴投与も可能。
※発熱から2日以上経過している場合は治療を原則行わない。(投与しなくてもあとは自然に軽快するため)
登園(校)の目安
学童以上:発症した後5日を経過し、かつ解熱した後2日を経過したあと。
幼稚園児・保育園児:発症した後5日を経過し、かつ解熱した後3日を経過後。

インフルエンザ脳症について。
意識もうろうや傾眠傾向になり起こしても反応が鈍い状態が持続する場合は速やかに医療機関に受診する。熱があり、うわごとを言いながら寝ていても、起きたら受け答えがしっかりある場合はあわてず自宅で慎重に経過をみて翌日には受診しましょう。インフルエンザ感染時は痙攣も起こしやすく、痙攣=脳症ではないですが、痙攣した場合もなるべく早く医療機関に受診してください。
<<医療法人社団育生会 井上病院>> 〒882-0866 宮崎県延岡市平原町1丁目990番地1 TEL:0982-21-5110 FAX:0982-21-6087